忍者ブログ
茨城県の南西部の半端なイナカに住む、農家の嫁PIRO が 綴る、日々の記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある人いますか?


『毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)


っていうヤツです。
痒くない、痛くない、汁でない  のが特徴です。

『毛孔性苔癬について語るスレの記録』 から抜粋(一部要約)すると
若い女性の半分以上の人の上腕にあるといわれています。
毛嚢一致性のブツブツができますが、時に褐色.赤くなることがありますが、自覚症状は通常ありません。
まれに、男性にもできます。
肥満者に多い傾向があります。
思春期を過ぎると自然軽快します。
20才台までには、遅くても30才台までには自然軽快します。
二の腕以外に、頬(エラの方)、お尻、太腿、手首の方までの腕全体に広がる方もいます。
遺伝性であること、30代過ぎても消えない(50、60代で消えた説も)男性、また肥満傾向でなくとも発症例があり妊娠すると直る傾向が高いとの報告も。
皮膚科では積極的に対応している所が少ないのが現状。
AHA配合のせっけんで洗い、尿素配合クリームを塗るという治療法が一般的らしい。
いずれにしても完治の報告はあまりなく、根気よくつきあっていく必要があります。

だそうで。

皮膚のトラブルっていうと アトピーなどが多いですが、それと違って知名度・認知度が低いので、
「不潔にしているから」「うつるんじゃないか」
などと言われて辛い思いをしている人もいるようです。

ワタクシもあります。二の腕に。
だから、↑のような台詞は とても人事とは思えません!!
肌色なので見た目にはわからないのですが、触るとブツブツしてます。

幼い頃は 顔の エラ〜耳下部分にも ブツブツうっすらあってイヤだったんですが、
いつの間にか消えたっぽいです。
いつ頃だったかなぁ・・・

腕は。
未だ消えず・・・ むしろ最近腕が太くなった(!?)ので 範囲が広くなっちゃった気が。
   ・・・・・ _| ̄|○

遺伝的要素が 大!ということで。
ワタクシの 身内にもおりますよ、毛孔性苔癬の人。

そして。
シヅク にも 出てきたようで。。
生まれたときから 腹側の皮膚は 常時超鳥肌(鮫肌?)だったのですが、それは徐々に治ってきて、今じゃほとんど普通の肌。

その代わり出てきたのが 腕と足の側面。
量は少ないですが、肌色のポツポツ。
ワタクシの ボツボツと同じようなヤツです。。

あぁ・・・ 嫌なものが遺伝しちゃったなぁ・・・
これ以上ひどくならないといいけど・・・

コレ!!! という対策が立てられないのがイタイところ。
でも 痒み等の自覚症状がないのが救いですが・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296
今日の シィ

カウンター
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
コメント
[10/10 tomo]
[09/26 PIRO]
[09/25 MIKAKO]
[09/23 piro]
[09/21 tomo]
[08/07 PIRO]
自己紹介
HN:
PIRO
性別:
女性
職業:
2児のハハ &農業
自己紹介:
利根川近くに住む 農家の嫁。
ブログ内検索
メール は コチラ
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]