忍者ブログ
茨城県の南西部の半端なイナカに住む、農家の嫁PIRO が 綴る、日々の記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前、しー様がカキフライ になったことはありましたが、今回は本物のカキフライの話。

先日 お義父さんが旅行に行って、生牡蠣を買ってきてくれました。
早速翌日のお昼に カキフライを作って食べました。
と言っても 冷凍カキフライを揚げたことしかないワタクシは サポート(揚げ係り)に徹し、お義母さんが実に手際よく タネを作ってくれました。

簡単に手順を書くと、
1.カキは軽く塩を振って洗い、ざるにあけて水を切る
2.カキに小麦粉をまぶす
3.バッター液(小麦粉100g、卵1個、牛乳100ml)をつける
4.パン粉(今回は生パン粉)をつけて形を整える
5.揚げる
6.生でも食べられるカキなので、衣が揚がればできあがり

で、早速いただいて。。。。
いや、もー、かーなーり、(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!
吃驚しました。

カキフライはそれほど得意ではなかったのですが、もう、何個も食べちゃって・・・・
今まで食べたようなカキフライの変な水っぽさが全然なく、
ジューシーで、口の中でとろけると海の香りがふわーっとして・・・
お店で食べたカキフライは 偽物か!? と思うくらいウマかったです。

コレ食べたら、その辺のファミレスのカキフライは食べられなくなります。
そのくらいウマかった。

はぁーーーー、とろけたーーー。

本当なら、自家製タルタルソースをつけるともっともっとウマかったのですが、今回は時間がなくて市販のタルタルで甘んじました。

参考までに、自家製タルタルソース の作り方。
(分量はいつも適当ですが・・・)
タマネギを粗くみじん切り → 軽く塩を振ってよく揉んで水分を絞る → ゆで卵をみじん切りにして加える → マヨネーズで和える → レモン汁、パセリ、和風ゴマドレ等があれば、ちょっと混ぜる

そういや最近、安価な某和風レストランのチェーン店が続々OPENしています。
ワタクシも3年ほど前に行ってみたことがあるのですが、驚きました。
人は結構入っているのですが、料理の味が・・・・
これ、店で出してお金とるのってどーよ!? くらいの味で 激しくがっかりしました。
魚の焼き加減から、米の炊き具合、みそ汁の味・・・・
正直、家で食べた方が美味いよー!!!

どうしてあの味でチェーン店ができるんだろう・・・
そして、どうしてお客さんが入るんだろう・・・

それ以来、その和風レストランには行っていません。。
3年前とは、味が変わったのかな?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113
今日の シィ

カウンター
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
コメント
[10/10 tomo]
[09/26 PIRO]
[09/25 MIKAKO]
[09/23 piro]
[09/21 tomo]
[08/07 PIRO]
自己紹介
HN:
PIRO
性別:
女性
職業:
2児のハハ &農業
自己紹介:
利根川近くに住む 農家の嫁。
ブログ内検索
メール は コチラ
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]